結月美妃.com

結美堂の結月美妃公式ブログ

【スポンサーリンク】

こんなこと思った!

光回線を解約する

結月でございます。 ちょうど契約更新月だったので、光回線を解約した。2年契約自動更新で、その2年目。なので解約手数料はなし。 これでWi-Fiがなくなるわけだけれど、スマホのプラン変更で YouTube等の動画は見放題、そして50GBというのにしたら、Wi-Fiの…

多様性という嘘臭さ

結月でございます。 今朝、Eテレの子供番組「みいつけた!」を見ていたら、コッシーとスイちゃんが三つあるグラスにオレンジジュースを注ぐ。すると最後の三つ目が少し足りなくて、ジュースが少ない。そこでスイちゃんは氷を入れて嵩上げし、三つともジュー…

バズっても影響力なんてない

結月でございます。 Twitterはバズりやすいメディアで、そこはFacebookとは違うところ。日々いろんなTwitter記事がバズっているわけだけれど、今はバズったところでその発信者の影響力が増すかというとまったくそんなことはない。要するにバズって終わり。 …

何のためにそのコンサートをやって、何のためにその曲をやるのか?

結月でございます。 ボチボチとコンサートをやろうかなと考えたりしながら、社会の様子を眺めている。だって客商売は社会状況次第だから。 しかし、コンサートって何のためにやって、何のためにその選曲をしたかってことが大事だと思うんだよね。ところが大…

暖かくなるとやることが出てくる

結月でございます。 「あ〜これ、めっちゃおもろいわ〜!」 と思ったことを今日は書き綴ろうとしたけど、やめた。これはYouTubeで動画でしゃべったほうがおもしろい。書くよりも、しゃべるほうが向いているネタってある。ってか、まあ今は活字より動画の時代…

美に価値がない時代が加速する

結月でございます。 解放の月曜日。 土日は保育園が休みなため、二日連続で終日4歳児といなければならない。それは楽しいとはいえ、無限地獄のようなママゴトなどアダルトにはちょっと辛いし、食事もずいぶん楽になったとはいえ目を離すわけにもいかず、心労…

女性蔑視を批判する男より女に優しい男のほうがいい

結月でございます。 オリンピックの森元首相が辞任することになってしまったけれど、いくら相手が政治家とはいえ、マスコミを含め、世間の個人攻撃のゲスさを見ると、 「森さんのほうがマシだよね」 って思う。 昨今は役員に女性比率を何割占めなきゃいけな…

髪を何色に染めようか…

結月でございます。 「やっぱインナーカラーの赤かな…」 と、そこに本筋にして、髪を何色に染めようかと思い悩む。 なんか栃木の田舎にいると人が少なすぎて、人に合う確率が低く、自分が寂れていく感じがする。 保育園に送迎に来るママさんなんてマジで末期…

女性蔑視を批判すること自体が哲学的にはもう古い

結月でございます。 昨日読み終わった本は、『現代思想の教科書』(石田英敬著)。 これはとても内容が良くて、ナイスな本だった。哲学だから内容が簡単なわけではないにせよ、比較的わかりやすく進められていて、思想家それぞれの要点をバッチリと押さえら…

メリハリ無制限でWi-Fiも要らないかな

結月でございます。 スマホや光回線はソフトバンクなわたし。 それはとりわけ望んでソフトバンクにしたわけでなく、PHS時代がウィルコムで、それがソフトバンクに買収されて、それが確かワイモバイルになって、そんでもってそれも親会社がソフトバンクだから…

退屈日曜日

結月でございます。 やっと月曜日。保育園がある喜び、その解放。 昨日の日曜日は、4歳の愛娘と終日一緒にいたわけだけれど、特に出かける当てもなく、近所を散歩してスーパーに買い物に行ったりする程度。 遊びに行く場所も思いつかず、一応これでも緊急事…

なんだかんだ言って、哲学がおもしろい。

結月でございます。 このところ哲学書ばかり読んでいて、それは構造主義、ポスト構造主義あたりのものだけれど、やっぱり哲学はおもしろい。 大学の専門が哲学だったから、まあそれは生来のもので、でも哲学書なんかしばらく読んでなかったから随分久しぶり…

ミシェル・フーコーの「監獄の誕生」とコロナ禍

結月でございます。 今、世界中がコロナ禍で、この現象は哲学的にはとても興味深く、きっとこれは哲学史的にも今後パラダイムシフトが起こる出来事なのは間違いない。しかもかなり衝撃的な転換で、実存主義が否定されて構造主義に至った時よりも大きいものか…

見ないものは存在しない

結月でございます。 阪神大震災から26年らしい。 「ふ〜ん」という印象で特に何も感じない。 というのは、当時わたしは世間的にも若すぎたし、そもそもその頃からテレビなるものを見てなかった。もちろんインターネットはまだなかったから聞き伝えに地震のこ…

『涼宮ハルヒの憂鬱』を読みながらクラシック音楽の終わりを痛感

結月でございます。 昨日から読んでいる東浩紀さんの本。『動物化するポストモダン』は読み終え、今はその続編『ゲーム的リアリズムの誕生』を読んでいる。 これはかなりおもしろい。というか、今頃こんな本を読んで「なるほど…」と唸っているのだから、いか…

オーケストラって、もう要らないんだろうね…

結月でございます。 今日、買った本は東浩紀さんの哲学書。もちろんKindle。iPhoneで読めるから読みやすい上、紙の本より安い。 まずは『観光客の哲学』。 ゲンロン0 観光客の哲学 作者:東 浩紀 発売日: 2017/12/11 メディア: Kindle版 読み始めるとかなりお…

食器のほとんどは要らない。

結月でございます。 ミニマリストを目指すのは間違いで、自然にモノが要らなくなって、モノがなくなっていくのがいい。結果的にミニマリストになっている具合に。 例えば食器。東京から栃木に来るとき、食器はかなり処分した。それでも食器棚にはまあまあ残…

利潤を求めないと社会は動かない。

結月でございます。 栃木県も緊急事態宣言が追加されることになって、う〜ん、栃木の大半はガチな田舎だからほとんど関係ないのだけれど、宇都宮があるからそうなるんだろうね。 と、わたしがいる場所は何もしなくてもソーシャル・ディスタンスで、そもそも…

イマジナリーラインって音楽配信でも大事だから。

結月でございます。 都内の某コンサートホールの動画が流れてきて、バイオリンや弦楽四重奏の演奏だったので一応見てみると、 「これ、イマジナリーラインを知らない動画だよね…」 と、映像的な不自然さが気になって仕方がない。 映画を撮るならイマジナリー…

文化的な人と一緒にいると文化的になるよね。

結月でございます。 「類は友を呼ぶ」といって、「なるほど、これって言えてるよね」って思うことわざの強さ。 ことわざって確率論で、最大公約数的なことを言ってる。 それは完璧な真理ではないのだけれど、最大公約数的に「言えてる」感じ。 さて、今日の…

多様性は多分うまくいかない。

結月でございます。 「多様性」を受け入れようとか、ダイバーシティだとかそういうことが言われるのは、日本があまりにも閉鎖的だったからで、アメリカとか国が地続きであるヨーロッパではいろんな民族がいるのが当たり前なところと比べると、日本で言われる…

年賀状ってなくてもいいけど、あってもなくても…

結月でございます。 年々うちに届く年賀状は減少していて、まるで絶滅危惧種の生存数を数えるようなお正月。 わたし自身もかなり前から年賀状は一切書かなくなって、でもそれまでは頂いた人には無地の年賀状に万年筆で裏面に手書き、かつ縦書きでそれぞれの…

今年の初詣は人が少なくて快適!

結月でございます。 一昨日の元旦は初詣。栃木に来てからの氏神様は正月はそこへ至る道が駐車場待ちで大渋滞するほどだけれど、今年はスカスカで、難なく駐車できた。 境内に入っても人はかなり少なめで、賽銭をするまでの行列は、 「ちょっと待ってればいい…

ホモソーシャルでないからいい!

結月でございます。 昨日は結美堂の仕事はオーラス。 といっても、今年はコロナで自由が制限された年だったので、仕事的にはビミョーな一年で、平和産業である音楽や着物は実質「禁止」にされたようなものだった。 というわけで、大きな成果があったわけでな…

ヒートテックが暖かくない!

結月でございます。 先日、宇都宮のショッピングモールに愛娘と行ったら、そこにはユニクロがあって、 「そうだ、ヒートテックを買おう」 と、中に入った。 わたしは服には全然興味がなく、他人を着物で美しくすることには執着があっても、自分にはそれがま…

コロナでパラダイムシフトが起こっておもしろくなる!

結月でございます。 来年から始めるプロジェクト。幸いコロナ禍のおかげで慌てずゆっくりと始められそう。わたしにとってコロナ騒動は「幸い」なことがちょっとあって、実はそれほどダメージを受けていない。かと言って、イカサマ満載の消毒液空中噴射機で短…

クオリティの高いお客さんを集めること

結月でございます。 東浩紀さんの『ゲンロン戦記』を読んだ。まあ、おもしろかったというか、大学人だった人がいかに自分が世間知らずであったかを事業を通して自らを知るってところはリアルで、でもそれはわたしも同じように銀座に店を出してから世間がわか…

うまい料理はうまい料理を食べなきゃできない。

結月でございます。 料理が下手だとか苦手だっていうのは、きっと本当においしいものを幼少の頃に食べたことがないのでは、と思う。 料理人を目指すには、やっぱりいい料理、よくできた料理を食べなければならず、コンビニ弁当やインスタントばかり食べてい…

地元を地元相手にPRしても無駄だよね。

結月でございます。 コロナ後を見据えて、というかコロナウイルスはなくならなくともワクチンが世界で供給されるニュースはコロナへの過剰な恐怖を和らげるので、来年には社会は変わってくるという推測のわたし。 そんな中、ちょっとした事業を始めることを…

恐怖!大腸内視鏡検査!

結月でございます。 「趣味・病院」なわたしは昨日、蓄膿症で耳鼻科へ行き、そして今日は泌尿器科。 それは先日の人間ドックの結果でイマイチなところを潰しにかかっているからで、「様子見でいいんじゃね?」というものも調べてもらってる。 と、泌尿器科で…

【スポンサーリンク】