結月美妃.com

結美堂の結月美妃公式ブログ

【スポンサーリンク】

旅行は極秘で行くべき?

結月です。

今話題のGoToキャンペーンでどこに行こうか思い悩んでいるわたし。

ずっと海外重視で、外国ばかり行っていたものだから、日本のことってあまり知らない。

とはいえ、四年前に自動車免許を取得して人生が変わり、

「国内旅行って、楽しいものなんだね」

なんて変わりよう。

また、体力レベルは「クソ」なくせに山登りを始めて、山という壮大な自然風景に今頃になって圧倒されて喜んでいる。それまでは都会の雑踏の中で、その真夜中の暗がりの中で怪しく生きていたせいで、自然なんて「完無視」だった。

まあ、都会的なものは十分楽しんだし、日本の自然的風景にシフトしようと思う。

そこでGoToキャンペーン。

この内容が手厚すぎて、LOVE。

コロナがどうとか、延期しろとか言ってる奴は、家に籠っとけ。わたしはこの手厚いキャンペーンに乗っかって、国内旅行を楽しみまくる。このチャンスを逃してたまるか。日本政府のお墨付きなんだから、思いっきり旅行するよ。文句があるなら、政府に直接言え。SNSで愚痴る姑息なことはしないで、直々に首相や大臣に言いに行けよ。

と、政府批判をSNSでするなんて、クソ最低な行為だと思ってるわたし。

さて、このキャンペーン。とりあえずは結美堂山ガール部の活動にも使える。だって宿泊費が安くなるんだもん。9月からは地域クーポン券も配布されるらしいから、旅先の美味しいものを買って帰ろう。

西日本にはあまり行きたくないという上方のわたしは北上を考えてる。

愛する国道4号線をずっとまっすぐ行けば、本州の先っぽである青森に着く。その先は北海道。

本州の先端というのは興味深い。どんな絶景なのだろう? 恐ろしく厳しいイメージがある。

あとは秋田県。

あまりにもわたしの脳みその中にない県。存在感ほぼゼロ。だから、一体どんなところなのか見てみたい。想像すらできない秋田県。

いやいや、ちょっと待てよ。こういうことをネットで書かないほうがいい気がしてきた。なぜなら、わたしが政府認定のGoToキャンペーンでいい思いをしようと思って、秋田や青森に行ってみたいなんて知れたら、

「今は来ないでください!」

とか、言われそう!? 

まったく、コロナで頭がクレイジーになっているのがたくさんいるから怖えーよ。お前ら、テレ朝のモーニングショーの見過ぎだろ!

なんて思うけど、これはもう新興宗教状態だからデンジャラスなんだよね。教祖は岡田晴恵?

というわけで、旅行は極秘で行こう。

ところで国内旅行はできても、海外に行けないのが寂しいよね。

わたしはいつでもパリに行きたい人間だけど、そんなパリに行けない状態っていうのは本当に寂しい。

だから、仕方なしにGoogleストリートビューでパリの街をスマホで歩くことを体感しちゃったよ。愛するカルチェラタン。そしてサンミシェル大通り。

そしてリヨンの街も。住んでいたアパルトマンもスマホで見れて、ちょっと涙ぐんでしまった。街並みは変わらず、ああ、ここ、ここだよね!なんて胸の中でつぶやきながらストリートビュー。

そうは言っても、もうフランスには10年くらい行ってない。だから、コロナに関係なく行ってはいないんだけどね。

でも、行こうと思えばいつでも行けるっていう気持ちがあるといつでもパリの街を自分が繋がっていられるのに、飛行機が飛んでないとか、コロナで入国できないとかだとわたしとパリの赤い糸が寸断されるようで悲しい。

それに今年は単独で中国の敦煌へ行こうと思っていたのにそれも叶わないし、わたしの最大のドリーム、楼蘭へ行くことも不安になる。

楼蘭には簡単に行けないから、すぐにってわけでないにせよ、飛行機が普通に飛んでくれる状態にならないとなんだかね、夢が潰えるようで嫌なんだよ。

ああ、楼蘭へ行きたい。正直、楼蘭の地でそのまま死んでもいい。

仕方がないからとりあえず、国内の〇〇へ行ってみよう。

「今は来ないでください」なんて言われても行くよ。だって、政府推奨なんだからさ。

【スポンサーリンク】