鰻の代用品「うな次郎」を食べてみた!

結月でございます。

日本人、はっきり言って、

「鰻、食べ過ぎです!!」

 というわけで、うな次郎を食べてみました。

うな次郎とは、魚のすり身を使って、鰻を忠実に再現したものです。

スーパーで300円はしなかったです。

それをうな丼にした模様を動画にしました。


鰻が絶滅しそうだから、うな次郎を食べてみた!

食べてみて、うな次郎の完成度の高さに脱帽!

とにかく、スーパーでもあんなに鰻を積み上げるほど売っているのだから、鰻が少なくなって当然。

ちなみに統計では、やはり鰻は高齢者層がたくさん食べていて、若い世代はあまり食べてないみたいです。

鰻は値段が高いっていうのもあるし、鰻自体が古臭い食材ってことなんでしょうね。

「鰻、食べたい」

って、年寄りのフィーリングだと思うんですよ。

いずれにせよ、マジで日本人、鰻を食い過ぎです! 自重して、うな次郎です!

本物の鰻はスーパーなどで売るのは禁止にして、販売免許制にして鰻専門店でしか食べられないようにしたほうがいいと思うんですよね。

うな次郎は、こんなの。

f:id:yuzuki-miki:20180806174756j:plain

と、こんなことを言いながら動画を撮ってますが、わたしは着物販売と着付けレッスン、それからバイオリン業務をやってます。