カジノなんて、どーでもいいよ

結月です。

随分前から言われていたカジノ法案が可決されたみたいです。

mainichi.jp

まあ、何らかの利権はあるんでしょうが、大半のひとにはあまり関係のないですかね。そもそも日本は大富豪なんてそれほどいないし、多くの庶民はカジノには行かないだろうし、入場料が6000円とカジノの割に格安で、しかも入場制限があるんだったらアホらしくて海外のガチな賭博好きは来ないだろうし…

なので、日本でカジノがオープンしてもそんなに繁盛はしないかと。せいぜい、アジアからの観光客が遊びでちょっとやっていく程度でしょうか。

ということは、世論が騒ぐ案件でもないし、そもそもカジノ文化がない日本人はラスベガスとかモナコとか、ステレオタイプなイメージが先行して、日本があんなのになったらヤだ!という妄想でビビっているだけです。

www.yomiuri.co.jp

というわけで、多くのひとが関係ないカジノですから、世論調査をしてもあんまり意味ないですかね。

ギャンブル依存症の懸念なども言われてますけど、カジノで依存症になるくらいの富豪はとにかく日本にはいません。いてもちょっとです。大衆が心配するところじゃないです。

ギャンブル依存症を言うなら、パチンコが一番ヤバいですね。

随分パチンコも下火になって、パチンコ屋の閉店も多いですが、田舎に行くとだだっ広い田園地帯に巨大なパチンコ屋の建物があってクルマで走っていてギョッとすることがあります。

田舎ってとにかく娯楽がないんで、パチンコにハマりやすい。

都会にせよ、田舎にせよ、パチンコにハマると亭主が給料ぶち込んだり、借金してまでパチンコしたり、さらにはその借金をパチンコで返そうとまた借金したり、そういうことが庶民として現実的にヤバい。

競輪、競馬、競艇などもハマっちゃうと開催日には居ても立っても居られない。今は開催地まで行かなくともネットで馬券も車券も買えるので、なおさらヤバい。

なので、ギャンブル依存を言うなら、まずはパチンコ、そして競輪や競馬です。

しかしながら、ギャンブル依存は大昔からの人類のテーマであって、簡単になくせるものではないです。

たとえパチンコや競馬を禁止にして、それらすべてを閉鎖したとしても新たなギャンブルは生まれます。

トランプがあればギャンブルはできるし、サッカーのW杯があればトトカルチョはできるし、何だってギャンブルの対象にできるわけですから。

あとは、ギャンブルは多くの場合、「テラ銭」があり、競輪だって開催したほうが地方自治体の税収がテラ銭を通して得られるので、閉鎖されることはあまりないです。

あまりない、というのは近年、競輪ファンが少なくなって開催したほうが主催者に損失が出るという事態になり、それで競輪場を閉鎖したという地域がありますから。

ともかく、カジノなんて、ほとんどのひとは関係ないので、どーでもいいんですよ。

パチンコや競輪、競馬が危ないのは、100円から馬券や車券が買え、つまりそれほど大きな額でない、生活圏内のプライスで参加できることです。

いわば、間口が広いので依存症になりやすい。

たとえば、一口100万からしか受け付けないというギャンブルがあれば、ほとんどのひとは経済的に無理なのでそのギャンブルには依存しません。

ですから、カジノなんて関係ないので、放っておけばよろしいかと思うアタシ。

そこに利権があろうとも、お金は回り回るものだから、いつぞやそのお金が自分のところに回ってくるかもしれない。

ともかく、ギャンブル好きとは結婚とか、交際をしなければいいだけであって、自分がやりさえしなければ、ギャンブルは他人事でオッケーです。

あと、これは鉄則ですが、

胴元がある博打は、絶対に勝てない!

ということ。

テラ銭を差し引かれた比率で勝負しても結局は勝てません。

それがわかっていれば、ギャンブルなんて馬鹿らしいですが、どうしてもやってしまうのは、多分、暇なんだと思います。