御徒町結月亭

結月でございます。

「赤坂自民亭」っていうのがトレンドなキーワードみたいです。

テレビは普段はコンセントを抜きっぱなしで一切見ず、テレビをつけるときは見ることだけは好きなプロボクシングのタイトルマッチとフランスのW杯優勝くらいで、なのでテレビは年に数度しかうちではつけません。

でも、栃木の別邸では、一歳半の愛娘シャンシャンが大好きなNHKのEテレ「おかあさんといっしょ」そして「いないいないばあっ!」を一緒に見ていて、特に「いないいないばあっ!」のオープニングの歌とぬいぐるみの演出がシャンシャンでなく、わたしが気に入ってる。あとは、好きすぎてヤバい「とちテレ」。

というわけだから、「赤坂自民亭」のことはテレビがどう報じているか知らない。ネットのニュースで見ただけなのよね。

で、豪雨が迫っているそのときにみんなで酒飲んでたっていうことが非難されているようだけれど、アタシは、まあ、あれは仕方がないっていうか、まさかあんなことになるとはあの時点では思わなかっただろうし、結果論として叩かれているのは少々気の毒かなって気もします。

www.asahi.com

しかしながら、ツイッターに写真を投稿してしまったのは完全なNG。政治っていうのは、密室でやらなきゃ。あれを嬉しがって投稿するところに今の政治家の小ささが出てる。

多分、投稿した本人にとっては、赤坂自民亭に出席したことが嬉しくて、見せびらかせたかったのだと思うけど、政治は密室にするのがテクニカル的な王道です。

そういう意味で、安倍政権というのは、実に庶民レベルな政権だと思うんですよね。リア充に価値があるって、庶民の発想だから。

ところで、「赤坂自民亭」のTシャツも出たらしい!

headlines.yahoo.co.jp

こういうジョーク、大好きです。日本もやっと政治をジョークにできる民度になってきたか!

アメリカや中国、そして旧ソ連など、政治をジョークにして小話にするっていうのは普通にあって、それがなかなか憎らしいほど粋な文化になってる。

政治に対して座り込みとかそういう手段しか思いつかないのは、文化がないからなんですよ。座り込みとかハンストとか、もっと過激になれば焼身自殺ってのもあるけど、そういうのってそれこそ反知性って感じがする。反知性と言われる政治に反知性で対抗したって、それは何もならないよ。

だって、ハンストしてふらふらになっても結局は心配した支持者から飯食わせてもらってるし、ガソリン被って自分に火をつけたって、その過激さは理解不能だから共感は得られず、無駄死にでしかない。

つまり、他人が飯を食わなかったり、ガソリンを被ったりしても、そもそも行動それ自体が政治との論点と接していないから共感が得られないんだよ。共感が得られないものではすなわち政治を変えられない。

政治家っていうのは、真っ向から反対されたって何とも思わない。でも、ジョークのネタにされて知らないところで笑いの種になってるのは堪えると思うよ。自尊心に響くからね。

だから、Tシャツをジョークで作ったり、森友ネタのジョークが居酒屋で盛り上がったりしたほうがいい。ジョークってアイデアと脚本の文化だから、実は馬鹿なことしているようで知性がいるし、文化が高いんだよね。

そして、それを受け入れられる度量が国民にあって、政治家が馬鹿なことしたらジョークで笑いの対象にできるくらいになれば日本は元気になるよ。

さて、「赤坂自民亭」なんてものがあるなんて、これが話題にならなければ知りもしなかったけれど、それをTシャツにするユーモアにはアタシも負けていられない。

実はアタシはユーモアと笑いにはかなりの自信があって、ハレンチがアタシのソース。

しかしながら、最近は真面目を装って、自粛したほうがいいんじゃないかって、己のハレンチさをセーブして、

「清く、正しく、美しく」

をモットーにしてる(嘘)。

いや、セーブしてるっていうのは、笑いっていうのは攻撃力と破壊力がありすぎて、毒が強いからね。

なので、ハレンチなユーモアは、レッスンのときという密室でやったりしている。

まあ、それはいいとして、負けず嫌いなアタシは赤坂自民亭に対抗して、

「御徒町結月亭」

ってものを作ることにした!

う〜ん、御徒町っていうのがちょっとダサいかな… 去年の10月までだったら、

「銀座結月亭」

だったんだけどね。

でも、銀座ってマジでおいしい料理店は少ない。さらにアタシのように根本的にB級な人間向きのB級グルメが少ないんだよね。

銀座は名ばかりで、料理はセコいし、なのに値段は高いし、気取りすぎてるし、13年間銀座にいてもアタシの行きつけは坐和民だった。

マジで、銀座がグルメとか思ってるのはトーシロだよ。

と、今は銀座時代を終わりにして、アキバ界隈で生きていて、おかげで行きつけが有楽町のビックカメラではなく、アキバのヨドバシになった。

で、なぜ「秋葉原結月亭」ではなく「御徒町結月亭」なのかっていうと、おいしい料理店は断然!アキバより御徒町だからっ!

いや〜 御徒町のグルメ水準はすごいねっ! 銀座にずっといた頃は、御徒町なんて来たこともなかったけど、こんなにグルメだとは知らなかった。

そして、アタシはこちらに移転してすぐ、御徒町にガチでうまい中国料理店を見つけた。

ここにはすでに何度も行っている。だから、結月亭はここにしたいから、御徒町結月亭ってわけ。

しかし、これは自民党議員のようにツイッターに写真を載せてしまうようなヘマはしない。

紛れもなく密会の場であるから、店の名はシークレット。

それにここはアタシが行きたいと思うときしか行かない。

アタシは自宅で猫たちと一緒に食事をするのが至上の幸せなので、よほどじゃないと外ではご飯食べないから。

というわけで、そう頻繁に行くことはないけど、「御徒町結月亭」はSNSの投稿は禁止です。